トップページ 静岡県神社紹介 お祭りこよみ 静岡県の御神木 私たちの生活と神社

静岡県神社庁とは

静岡県神社庁は伊勢の神宮を本宗(ほんそう)と仰ぎ、全国八万の神社を包括する神社本庁の地方事務所であり、静岡県内二千八百三十の神社を包括する組織です。
静岡県神社庁は県下に十五の支部を擁し、伝統を重んじた祭祀の振興、神社や神職の指導など県内全神社に関わる事務をとるほか、地域活動の振興をはかる業務を行なっております。

五社神社諏訪神社
神社名 五社神社諏訪神社(ごしゃじんじゃすわじんじゃ)
代表者 宮司   吉田 泰康
各種御祈祷 家内安全、商売繁盛、交通安全、厄除、八方除、合格祈願、安産祈願、病気平癒、初宮詣で・その他
鎮座地 〒430-0937 浜松市中区利町302-5
問い合わせ先 TEL.053-452-3001
FAX.053-452-7333

地図

JR浜松駅から徒歩約10分(西へ1km、教育文化会館隣)/東名浜松ICから約20分/東名浜松西ICから約20分
御祭神
五社神社:太玉命、武雷命、斎主命、天児屋根命、姫大神 (相殿:応神天皇、舎人親王、菅原道真公、徳川家康公)
諏訪神社:建御名方命、八坂刀売命、事代主命 (相殿:徳川家康公)
御神徳
徳川二代将軍秀忠公の産土神として篤く崇敬されたことに依り、子守り、子育ての神としての信仰が盛んです。
御由緒
両社ともに徳川二代将軍秀忠公の産土神として崇敬され、絢爛豪華な社殿は国宝建造物としてその偉容を誇ってきましたが、昭和20年戦禍により悉く灰燼に帰してしまいました。昭和35年には両社合祀され、現社殿は昭和57年に再建されました。浜松市民の心の拠所として篤い信仰を集めています。
御祭典
節分祭 2月節分の日
除災招福を祈願して、毎年約百名の年男、年女が裃に身を包んで撒豆式を奉仕します。
祈年祭 2月17日
五穀をはじめ全ての作物の豊饒と、あらゆる産業の発展を祈る祭です。
例祭 5月4日
一年に一度執り行われる最も重要な祭です。御神恩に感謝するとともに皇室の弥栄、国家の繁栄、氏子の平安を祈願いたします。
新嘗祭 11月23日
新殻をお供えして、御神恩に感謝する祭りです。
節分祭撒豆式 神輿 初詣風景
節分祭撒豆式   神輿   初詣風景
戻る TOP
Copyright(C) 2010 SHIZUOKA JINJACHIO All Rights Ressrved.